よくある質問

LINEで送る
Pocket

よくある質問 – FAQ

京都ヒルクライム™全般について

京都ヒルクライム™は観戦が可能ですか?

はい、可能です。観戦エリアを設けます。その情報は後日、公開しますので、しばし、お待ちください。

京都ヒルクライム™はオフィシャル募集してますか?

はい、募集しております。
詳しくは、公式スタッフ募集をご確認ください。

公式スタッフにはオフィシャル経験はどうして不要ですか?

俺のヒルクライム運営事務局では「経験」は重要と考えておりますが、「経験」には「質」が担保されていることが必要です。
俺のヒルクライム運営事務局では未経験者、初心者でも広く門戸を開きたいという趣旨のもと、「可能性」を最重要視しております。

京都ヒルクライム™は、どこかの自動車愛好家のクラブと協力関係にありますか?

自動車愛好家の集まるクラブ、団体など一切、関係はございません。協力関係にもありません。
もし『俺のヒルクライム™』運営事務局や『京都ヒルクライム™』を協力関係にある、指導したことがあるなどと語ることをお聞きになった場合はご注意ください。
運営事務局並び主催会社はどこの特定のクラブ、団体とは協力関係にもありませんし、何か提供してもらうことも、関わりあうことも一切ございません。

京都ヒルクライム™では公式の「イメージガール」や「キャンギャル」は募集していないのですか?

現在、京都ヒルクライム™公式イメージガールやキャンギャルの募集はしておりません。
特別、検討もしておりませんが、“我こそは”と思う方は一度、打診してみてください。

京都ヒルクライム™はよくある地方の山奥や田舎での開催ではなく、どうして大都市圏での開催なのですか?

我々が初めて提唱した“街ナカ・モータースポーツ”は従来のモータースポーツファンだけではなく、モータースポーツや自動車に興味はあるけど、わざわざ遠くまででかけるのはちょっと無理、しんどいけど、近くなら参加してみたい、見てみたいという層にもアプローチし、より多くの皆様にモータースポーツや自動車の魅力を伝えるということを目的としているからです。

京都ヒルクライム™に参加したいのですが、宿泊施設の斡旋はしてもらえますか?

現在、検討中ですが、現時点では斡旋の予定はございません。

京都ヒルクライム™では食事がついておりますか?

はい、エントラントだけのために前夜祭パーティー、京都ヒルクライム™当日いずれも一流ホテルまたは老舗レストランによるビュッフェスタイルでおいしい食事を提供致します。ラリーやレースの世界、特に世界選手権では前夜祭のパーティー、当日のホスピタリティとして食事が用意されますが、その雰囲気を少しでも体験してもらえるようにしたいと考えております。

京都ヒルクライム™ではオフィシャル・ボランティアの募集はありますか?

はい、ございます。募集開始は恐らくは6月以降になると思います。

京都ヒルクライム™の写真や動画撮影は可能ですか?その映像や写真は販売してもよいですか?

写真撮影、動画撮影はいずれも可能です。SNSへのアップロード、公開も可能です。しかし、写真や動画を販売することは禁じております。権利に関する法的手続きを必要としておりますので、販売を目的とされる場合はお問い合わせください。

京都ヒルクライム™をドローンで撮影を考えておりますが、可能でしょうか?

ドローンによる撮影は一切禁止しております。運営事務局が許可したドローンでの撮影は記録用に実施する可能性がございますが、それ以外は一切、禁止しております。無断で飛ばされた場合は安全確保のため京都ヒルクライム™の中止とそれについての法的手段による対応となります。

京都ヒルクライム™に広告出稿を考えておりますが、可能でしょうか?

京都ヒルクライム™に広告出稿を考えておりますが、可能でしょうか?はい、可能です。こちらの>>『お問い合わせページ』からお問い合わせください。

京都ヒルクライム™に協賛を考えておりますが、可能でしょうか?

はい、可能です。こちらの>>『お問い合わせページ』からお問い合わせください。
また協賛と共にコラボ企画をしたいという場合は>>『コラボ企画応募ページ』から企画書をお送りください。

京都ヒルクライム™の周辺の観光地は何がありますか?

開催地は日本を代表する観光地、京都、嵐山、嵯峨であり高雄です。大覚寺や化野念仏寺などがありますし、高雄側になると神護寺や世界遺産の高山寺がありますので、ぜひ足を運んでください。

安全装備/レギュレーションについて

京都ヒルクライム™にデモカーで参戦申し込みしますが、可能ですか?

デモカーでの参戦は「一般エントラント」として参加することはできません。
デモカーは所有メーカー、ショップ等々の広告宣伝活動として捉えております。
もしデモカーでの参加の場合は別途お問い合わせの上、広告出稿・PRとしてお申し込みを要します。

申込は、エキシビジョン参加をご覧ください。

許可なく広告目的でイベント会場全域(京都ヒルクライム™コース上を含む)において、企業名・商品名等を意味するあらゆるイラスト、図案及びロゴマーク、キャッチコピー、商標等、広告的なものを車両へのカラーリング、塗布、ステッカー貼り、ラッピング、また身につけたり表示することは一切できません。
勝手な宣伝活動は一切禁止しており、規則違反の場合は退場して頂きます。また参加料、その他一切の費用の返金は致しかねます。

京都ヒルクライム™対応の自動車保険とは?

通常の自動車保険ですと、モータースポーツイベント、競技等での何らかのトラブルには適用されないということが基本です。
一般論ですと通常の保険に『競技/曲技等使用補償特約』という特約を追加する形を取ることが多いです。
『競技/曲技等使用補償特約』はモータースポーツイベント、競技等が補償の対象となる特約ですが、保険会社により名称や内容、対象、適用範囲が異なるようです。
詳細は現在、加入している自動車保険会社にお問い合わせください。

京都ヒルクライム™参戦でヘルメットとありますが、バイク用でも構いませんか?

PSCマーク(PSマーク)などの安全基準をクリアしていることを最低限の条件として使用を認めております。
但しバイク用のヘルメットを車両内で使用の場合はその形状から疲れやすかったり、座席での収まりが悪かったりするようです。

京都ヒルクライム™に参戦する車両にはロールバーは必要ですか?

いいえ、必ずしも絶対に必要とはしておりません。運営事務局としては安全装備として推奨はしております。詳細は4月上旬以降に発行する『公式レギュレーションブック』をご参照ください。

京都ヒルクライム™に参戦の際のグローブですが、軍手とかではダメですか?

はい、不可としています。ドライビング用グローブのみ使用を許可しております。また運営事務局としてはレーシンググローブを推奨しております。

京都ヒルクライム™参戦の際、長袖長ズボンとありますが、整備の時に着るようなツナギでも構いませんか?

はい、大丈夫としております。運営事務局としてはレーシングスーツを推奨しております。

京都ヒルクライム™の選考基準は?

厳正なる書類審査、また応募多数の場合は厳正なる抽選も交えながら決定致します。明確な選考基準はございますが、公開はしておりません。

京都ヒルクライム™への参加申し込み人とは別の人が参戦は可能ですか?

いいえ、不可としています。氏名、年齢、性別、記録、その他について虚偽申告、申し込み本人以外の出場、権利譲渡は一切認めません。
個人もしくは団体での不正が判明した場合、参戦決定を取り消すと共に今後、京都ヒルクライム™への申し込み自体を一切認めません。参加料を含む一切の返金も致しません。それについての主催者はいかなる補償も致しません。

『京都ヒルクライム™』と『京都ヒルクライム™・チャレンジ』の違いは?

『京都ヒルクライム™・チャレンジ』とは、
・運営上のデータ取り
・報道機関向けの情報公開
を目的とし、その旨をご了承の上、ご参加して頂ける公式練習走行です。

京都ヒルクライム™・チャレンジは強制参加ですか?

強制参加ではございません。参加募集台数(人数)も若干名のみであり、京都ヒルクライム™・チャレンジの開催目的をご承諾の上、ご参加して頂ける公式練習走行です。

「許可なくスポンサーラッピング施工車両の走行不可」とありますが、勝手な宣伝活動はダメということですか?

はい、その通りです。
許可なく広告目的でイベント会場全域(京都ヒルクライム™コース上を含む)において、企業名・商品名等を意味するあらゆるイラスト、図案及びロゴマーク、キャッチコピー、商標等、広告的なものを車両へのカラーリング、塗布、ステッカー貼り、ラッピング、また身につけたり表示することは一切できません。
勝手な宣伝活動は一切禁止しており、規則違反の場合は退場して頂きます。また参加料、その他一切の費用の返金は致しかねます。
既にカラーリング、ラッピング施工の場合は参戦前に必ずご相談ください。

「許可なくスポンサーラッピング施工車両の走行不可」はレプリカ仕様にもロゴステッカー多数ありますが、ダメですか?

いいえ、問題ございません。
レースカー、ラリーカーなどレプリカ仕様の場合は問題ございません。

京都ヒルクライム™コース上を含むイベント会場全域において、許可なく勝手な宣伝活動は一切禁止しており、規則違反の場合は退場して頂きます。
その理由は多くの方々、ご協賛企業様によって支えられているモータースポーツイベントである京都ヒルクライム™ですので、勝手な宣伝活動はその方々にご迷惑となる行為と考えているためです。

参戦について

パイクスピーク・ヒルクライムのアンリミテッドクラスの車両でも参加可能でしょうか?

はい、もちろん、可能です。
安全基準さえクリアしていれば、車両の改造の有無は関係なく、ご参戦頂けます。

レーシングカートでの参加は可能ですか?

レーシングカートによる参加は認めておりません。

フォーミュラカーで参戦を考えております。積載車での搬入となりますが、積載車スペースはございますか?

はい、積載車専用スペース(有料)を準備しております。但し数に限りがございますので、申込時にお知らせください。

ヒストリックカーでの参加を考えております。ヒストリックカー、旧車であっても『京都ヒルクライム™』への参加は大丈夫でしょうか? 他の新型車両に比べて走りではパワー負けしてしまいます。

全く問題ありません。ヒストリックカーは大歓迎です。“トライアル・マッチング・タイム™”という我々が独自に考案したルールではパワーの有無だけが全てを決める重要な要素とはなりません。

京都ヒルクライム™参加を希望していますが、下見は可能ですか?

はい、普段は一般道路ですのでご自由に通行可能です。但し、交通規則を絶対遵守の上、安全運転でお願い致します。事故を起こした場合、危険行為をされた場合は参加できなくなります。

京都ヒルクライム™は軽自動車での参加は無理ですか?

レギュレーションにある対象車両に該当する場合は参加が可能です。

身体障害のあるドライバーですが、専用のレーシングカーでの参加は可能ですか?

はい、もちろん、可能です。参戦において身体障害の有無は問題ありません。大歓迎です。モータースポーツを愛する心、それがあれば大丈夫です。

京都ヒルクライム™は2区間ありますが、1つの区間毎に違うドライバーで同一車両での参加は可能ですか?

不可能です。申込時の登録ドライバー、登録車両は同一である必要があり、違う場合は如何なる理由があろうとも参戦ができなくなります。ご注意ください。

京都ヒルクライム™の参戦を考えてますが、サイドカーも可能でしょうか?

はい、もちろん可能です。奮ってご参戦ください。

私は外国人ですが、京都ヒルクライム™に参戦は可能ですか?

国籍は不問です。遠慮なく参戦してください。

京都ヒルクライム™・チャレンジとは?

京都ヒルクライム™・チャレンジとは、俺のヒルクライム™運営事務局が
・運営上のデータ収集(シミュレーション)
・プレスリリース
を主たる目的としたイベントであり、エントラントの方々にはその『主たる目的』をご承諾頂いた上でご参加して頂く公式練習日として設定しております。

あくまでも上記の主たる目的が全てでございますので、エントラントの方々には至らない部分も存するかと思いますが、ご了承、ご承諾の上、ご参加をお願いしております。
その分、参加費も本番と違い、大幅に下げております。